Hなコラムや風俗体験まとめ リップ

  1. home
  2. 人妻・熟女
  3. 熟女の私が初めてエクスタシーを感じた時

熟女の私が初めてエクスタシーを感じた時

いわゆる晩婚になるのでしょうか?三十路の熟女になってから今の主人と結婚しました。勿論結婚当初はお互い気分が高まっていたので週に3回以上は夜の営みがありました。ですが段々と月日が経つうちに頻度は減ってゆき、気づけば結婚三年目を目前にしてほぼセックスレス状態に陥ってしまいました。夫自身に不満がある訳ではありません。ただ夫はセックスにあまり興味が無いのか自分本位のセックスばかりで私は自分の中にどんどん欲求を募らせていました。このままではいけないとストレスを発散させる為に近くの社交ダンス教室へ通う事にしました。勿論未経験。右も左も分からない状態でしたがとりあえずパートナーを決めないといけないという事で、とある会社員の方にお願いをしました。見た目はとても清潔感があり身長も高く紳士という言葉がピッタリ。何度か練習を重ねている内に私はこの男性に少なからず好意を寄せていました。ある日その男性から「偶には別の会場で踊ってみませんか」と誘われ近くのホテルにあるダンスフロアで踊る事になりました。 少し必死になりすぎたのでしょうか、大分汗をかいてしまいました。すると「部屋を取ってシャワーでも浴びてから帰りましょう」と男性から提案が。思わず頷き部屋へ。入ってすぐ熱いキスをされてしまいました。「実は前から好きでした。けれど私にも貴方にも大事な家庭があるので今日まで言いだせませんでした。ただ…今日だけ抱いても良いですか」真剣にそういう彼に熟女の私は完全にときめいていました。そこからはまるで昼ドラの様な展開に。肌と肌を重ね合わせゆっくりねっとりと絡み付くような愛撫。アソコは今までにない程濡れました。挿入もかなり気持ちよくて初めて「イク」という感覚を知りました。結局彼が果てるまで私は何度も絶頂してしまいました。それからというもの、今の夫に対する気持ちがどんどん離れていっている様な気がします。実際離婚まで考えました。新たな喜びを知ってしまったが故の弊害。もう主人と出会ったあの頃の楽しい日々はもう戻る事はないのだと思います。