Hなコラムまとめサイト ラップ!

  1. home

五十路を過ぎても出会い系を利用する熟女

暇つぶしがてらに初めた出会い系サイトでA子という五十路の熟女と知り合いました。彼女とは何度かメールをして近所に住んでいる事が分かり、興味本位でドライブがてらに食事にいく約束をしました。実際に会ってみると四十前半くらいに見える見た目でとても綺麗な方でした。そしてお店で一緒に食事をして帰る頃には手を繋いで歩いていました。そろそろ帰ろうかと帰路につこうとしましたが、どうしても彼女の体が欲しくなり、A子さんみたいな彼女が欲しいなーとアクションをかけてみました。すると私もアナタみたいな人と付き合いたいわと嬉しい言葉が返ってきました。僕はその言葉を聞いて心のブレーキが効かなくなり、そのまま彼女の肩を抱き寄せ唇を重ねました。彼女は抵抗もせず、甘い香りが漂ってきました。そして服の上から乳房を優しく撫でると、そんな事したら私も欲しくなっちゃう‥と甘えてきたので、車のシートを倒して乱暴に胸を揉みしだきました。車の中でしたらバレちゃうよ‥と周りを警戒する彼女の言葉には耳を傾けず、そのままパンティの中に手を突っ込み

クチュクチュと掻き回す。膣からコレでもかというくらい大量のラブジュースが溢れ出てきました。そして狭い車の中で体制を変え、シックスナインの体制でお互いの性器を激しく舐め合いました。僕の顔がびしょびしょになるほど愛液を垂らした彼女は恥ずかしそうに照れ笑いを浮かべていました。その表情を見てさらに興奮した僕はいきり立ったペニスを生のまま彼女に挿入しました。彼女の喉から声にならない嗚咽のような呻き声が漏れ始め、私の体に抱きついてきました。一つになったペニスとヴァギナは更に深く繋がっていきました。徐々にスピードを上げて彼女の膣を突きまくり、子宮口に亀頭をグリグリと擦り付けるように腰をグラインドさせました。そして二人ほぼ同時に果ててしまいました。五十路過ぎの熟女とカーセックスをしたのは初めての体験でしたが、二人は重なったまましばらく余韻を楽しみました。今までの僕は年下か同年代の女性しか経験が無かったのですが、本当の女性の魅力は四十を過ぎてから出てくるのだと身を持って体験したのです。

女子校生がいっぱいのエロアニメ動画

私はアダルト動画の女子校生というジャンルが大好きで毎日のようにネットで動画を見ていました。しかし、ある瞬間にこれは18歳以上の成人の女性なんだと気付いてしまいました。まぁアダルトビデオに出てくる女性は全て成人の女性なので当然といえば当然なのですが。でも現実で女子校生と知り合う機会もないし、手を出してしまえば一発で逮捕になっちゃいます。なんとかリアリティがある女子校生のエロ動画が観れないかと考えた私が辿り着いた答えがエロアニメ動画だったのです。最初にエロアニメ動画を観たときは夢中になって観たものです。アダルトビデオに出てくる女優さんが演じる女子校生はちょっと大人っぽすぎたり、セットの教室や学校にリアリティを感じる事ができませんでした。

勿論、大事なのはプレイの内容や自分の好きな女優さんが出ているかどうかであって、リアリティを追求することなどアダルトビデオには必要ない。と思われる方もいるでしょう。でも実際の学校を舞台にリアルな女子校生のエッチな映像が観れたらなぁと一度は考えたことがあるはずです。その願いを叶えるのがエロアニメ動画なのです。エロアニメの世界では、実際の学校の中で、放課後や休み時間にプレイが繰り広げられます。そこは現実の世界と同じように生活をしている人間がいるので、実写のアダルトビデオよりリアリティが出ているのです。他の誰かに見つかったらどうしよう‥なんて緊張感も出てきますよね。エロアニメの世界はある意味現実よりもリアリティがあるのです。現実の女子校生と関わることが出来ない男性たちにはリアリティな世界があるエロアニメ動画を観て溜まった欲求を解消してほしいと思います。

学校の更衣室で後輩の服を脱がせて…

人から高校時代の青春はなんですかと聞かれたらワタシはレズ動画みたいに女の子同士でレズしたことと答えるかな。話し的にはそんなに面白い話じゃないんだけど。ワタシは高校の頃水泳部に入ってて部活の後輩になんとなく声を掛けたのがキッカケ。女の子も好きかもしれない。みたいなそんな感じだったかな。

そしたらその後輩もあ~何となくわかります~みたいな返事が返ってきたの。女の子同士のエッチってどんな風にするのって聞いたら舐め合ったりするんじゃないですか?って返ってきた。その時更衣室に二人っきりだったからなんとなく後輩とキスしちゃったの。こんな感じかな?とか言いながら試行錯誤してレズっぽくなってたと思う。それからも二人っきりになるたびにキスとかしてたんだけど、どんどんエスカレートしてきていつの間にかお互いの胸や下半身を触るようになっていったの。何もかもが初めてだったからとにかくドキドキしてたのは今でも鮮明に覚えてる。私も後輩もエッチした後はお互いテレくさくてなんか恥ずかしいから、あのコトはナイショにしようねって約束したの。そして学校から帰る途中にコンビニに行って一つのケーキを二人で食べるのが決まりみたいになってた。あの時一緒に食べたケーキの味は私の青春の味だな~

温泉より気持ち良い人妻デリヘル

自分は各地域の温泉巡りが趣味でよく一人で旅行にいくのだが今回訪れたのは鹿児島だ。指宿という所に砂蒸し温泉があるらしいのでそれを楽しみにやって来たのだ。昼に鹿児島に到着し早速温泉めぐり。身体に砂をかけられサウナのような感じだったが想像していたより気持ち良くて大満足だった。そして夜になり一人でホテルに泊まっているとどうしても寂しくなるというか誰かと一緒にいたい気分になってきた。こんな時は思い切ってデリヘルを呼んでしまおうと考えスマホで検索。自分が泊まっているホテルは鹿児島市外の田舎の街だったのだが、指宿市のデリヘル店の一覧が掲載されているサイトを発見してさっそく電話してみた。

ジャンルは人妻系のデリヘル店だ。田舎という事で1時間ほどかかるというのでお酒を飲みながら待つことに。そしてホテルのちゃいむがなり対面しているとこんばんわと言いながら女性が入ってきた。プロフィールには年は45歳と書いてあったが、見た目は10歳くらい若く見える女性だった。思ってた以上に綺麗な女性が登場して少し緊張したが一緒にお風呂に入ることに。そしてお互いの身体を洗いっこしながら浴槽の中でプレイ開始。 キスしながら少し触っただけでトロトロになっているマンコに興奮した自分はクンニで舐めて性器を味わう。舐める度にどんどん愛液が出てきて気持ち良さそうだ。思い切ってゴムつけるから入れてもいい?と聞くと少し悩んだ顔をしたが中には出さないでね?と言われ無事にセックスすることが出来た。やはり年上のオマンコは最高に気持ち良い。ビチョビチョに濡れているマンコを何度も突いて堪能した。今日は行った温泉の何倍も気持ち良かった。プレイ後に話を聞くと、今日はどうやら排卵日だったようでムラムラしていたらしい。久しぶりにデリヘル遊びを堪能した一日だった。

熟女の私が初めてエクスタシーを感じた時

いわゆる晩婚になるのでしょうか?30代に入ってすぐ今の主人と結婚しました。勿論結婚当初はお互い気分が高まっていたので週に3回以上は夜の営みがありました。ですが段々と月日が経つうちに頻度は減ってゆき、気づけば結婚三年目を目前にしてほぼセックスレス状態に陥ってしまいました。夫自身に不満がある訳ではありません。ただ夫はセックスにあまり興味が無いのか自分本位のセックスばかりで私は自分の中にどんどん欲求を募らせていました。このままではいけないとストレスを発散させる為に近くの社交ダンス教室へ通う事にしました。勿論未経験。右も左も分からない状態でしたがとりあえずパートナーを決めないといけないという事で、とある会社員の方にお願いをしました。見た目はとても清潔感があり身長も高く紳士という言葉がピッタリ。何度か練習を重ねている内に私はこの男性に少なからず好意を寄せていました。ある日その男性から「偶には別の会場で踊ってみませんか」と誘われ近くのホテルにあるダンスフロアで踊る事になりました。

少し必死になりすぎたのでしょうか、大分汗をかいてしまいました。すると「部屋を取ってシャワーでも浴びてから帰りましょう」と男性から提案が。思わず頷き部屋へ。入ってすぐ熱いキスをされてしまいました。「実は前から好きでした。けれど私にも貴方にも大事な家庭があるので今日まで言いだせませんでした。ただ…今日だけ抱いても良いですか」真剣にそういう彼に熟女の私は完全にときめいていました。そこからはまるで昼ドラの様な展開に。肌と肌を重ね合わせゆっくりねっとりと絡み付くような愛撫。アソコは今までにない程濡れました。挿入もかなり気持ちよくて初めて「イク」という感覚を知りました。結局彼が果てるまで私は何度も絶頂してしまいました。それからというもの、今の夫に対する気持ちがどんどん離れていっている様な気がします。実際離婚まで考えました。新たな喜びを知ってしまったが故の弊害。もう主人と出会ったあの頃の楽しい日々はもう戻る事はないのだと思います。

人妻と一緒にアダルトビデオを見た結果

うちの会社に夫と子供を養う為にバリバリに仕事をこなす仕事人間の人妻社員がいる。今どき珍しい図式ではないがそれでも会社からは人間性や力量から一目置かれる存在だった。ある日残業でその人妻と二人きりになった。あまり仕事が捗らないのか頭を抱えていたので「良かったら一緒にご飯でも行きませんか」と誘い気晴らしに食事へいく事に。相当ストレスが溜まっていたのだろうか。食事そっちのけでガンガンとお酒を飲み始めた。するとベロベロの呂律が回らないような状態にも関わらず「今からウチへ来い」と無理やり引っ張られ半ば強引に自宅へ向かうハメになった。単身赴任中だという事は聞いていたのだが、人妻の家に上がるというのは地味に緊張するな…等と頭で考えている内に自宅へ到着。もうここまで来たらと意を決してお邪魔した。とりあえず適当に座れと俺に命令すると何かを探しに行く人妻。戻って手に持っていたのは一枚のDVDだった。早速プレイヤーに入れ再生し始める。何かの映画だろうかと考えていた次の瞬間俺は固まってしまった。

再生されたのは「実録!人妻寝取られ淫乱物語」というタイトルのエッチな人妻動画だった。突然の出来事に困惑する俺をじっと見つめながら人妻がこう言い放つ。「あれが今の私の気持ち。お願い、今日だけは…お願い。」寂しそうに言う彼女に同情してしまったのだろうか、思わず両手で彼女を抱いていた。その時丁度フェラチオのシーンが流れていたので「あれ、してあげようか」という提案に黙って頷く。写っているAV女優より迫力があるディープスロートで俺の息子はパクリと簡単に飲み込まれた。吸い付く様な口マンコに思わずイクと言う前に射精。急なザーメン放出に驚いていたが一瞬で平静を取り戻すとゴクゴクとザーメンを全て飲み干していた。とりあえずその日はそこまでで終わり。一眠りして俺は人妻宅を後にした。後日連絡が入った。「また続きをしたかったらおいで」という内容だった。暫く彼女との親密な関係は続きそうだと思った。